バンベルク市内であちこち空振り==ドイツビール紀行2016(その31)==

<<前回の続き

路線バスでバンベルク市内のZOB(中央バス駅)に戻り、さらにそこからバスに乗り換えて町の西方向へ向かう。
長らくの間、行っても行っても中に入る事が無かったKaiserdomのガストホフに行く。
初回は1998年。笑
すぐ近くに巨大ブルワリーがあり、そこではビールが飲めず
「通りに面してガストホフがあるから、そこで飲んでくれ」
と言われたにも関わらず臨時休業だった。

それから3年に一回位の感覚で、ここまで足を運んんでいたが、いつも飲めず。
今回はMemmelsdorfから速攻でやって来て、ドアを開けたが・・・。

「14時までだよ」
との声が掛かった。
時計を見ると14時03分。笑
「ビールを飲むだけなんだけど・・・」
と言ってもダメ・・・という事で、今回も飲めず。
まぁ、市内のあちこちにKaiserdomを飲む場所はあるし、何とビックリ上海でも飲めるのでそれほど落胆はしない。

続いては、バスで2〜3停留所ほど戻ったところにある、このKaiserdomが始めたクラフトビールバーへ。

 

同じ系列だけあってここも14時まで。
14時20分頃の到着だと、完全に休憩モードに入っており
「夕方の営業は17時だから、また来てくれ」
の一点張りで、結局ここも飲めず・・・・。

さっさと市内へと戻り、運河沿いのEctorでGanstaellerのビールを飲んで気分スッキリ。

次回へと続く>>

カテゴリー: Bierreise2016 パーマリンク

バンベルク市内であちこち空振り==ドイツビール紀行2016(その31)== への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 定点観測地で「おめでとう」ビール==ドイツビール紀行2016(その30)== | ビール文化研究所 / Das Bierkultur Institut

  2. ピンバック: バンベルクのKeesmannでボックビア==ドイツビール紀行2016(その32)== | ビール文化研究所 / Das Bierkultur Institut

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です