醸造所併設レストランでガッツリ==ドイツビール紀行2013(その8)==

>>前回の続き

洒落たレストランに醸造所

2013berlin001_10

続いて訪れたのは、Schalander Hausbrauerei
2店間の距離は結構離れていたのですが、健康のために夜のベルリンを歩きます。
こういう時にための必須アイテムは地図。
ヨーロッパ諸国はどこもそうですが、通りに名前が付いているので迷うことはありません。
迷ったら街角に行く。そこにある各通りを示す2枚の看板に書かれた通り名を確認して地図と照らし合わせると位置と方角が確認できます。

道を歩きながら、僕と違って酒に強いS君は、瓶ビールを買って飲んでいます。
そうこうしている内に到着。
これまたベルリンらしく、お洒落な建物じゃないですか。

2013berlin001_11 2013berlin001_16

外観から想像できる事を確認してみましょう。
まず、ここは集合住宅の一階です。そこにテナントとしてレストランが入居していると言う感じです。
これは何処にでもある話であり、ピザ屋が入っていたり、ケバブ屋が入ったり、キオスクになっていたり・・・・ここはそれがレストランなのです。
他と違うのは、そのレストランが醸造設備を持って自分のビールをそこで醸造している、という事実。この事実は実に羨ましい!

2013berlin001_12 2013berlin001_13

店内に置かれた小さな設備で造られたビール。
ガッツリと食事をしながらの晩酌タイムです。

この醸造所については、こちらを参照してください

次回へ続く>>



カテゴリー: Bierreise2013 パーマリンク

1 Response to 醸造所併設レストランでガッツリ==ドイツビール紀行2013(その8)==

  1. ピンバック: ドイツ鉄道の新中枢==ドイツビール紀行2013(その9)== | ビール文化研究所 / Das Bierkultur Institut

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください