ベルリンでIPA?==ドイツビール紀行2013(その7)==

>>前回の続き

ベルリン一軒目は道路に面した醸造所

2013berlin001_08
ベルリン市内へと向かいます。
今回まず訪れたのは、Hops & Barleyというお店。
首都ベルリンらしく、路面電車が行き交う道路に面しています。
ドイツ流のBrauerei Gaststatte(醸造所パブ)と言うより、やはり英語で言うBrew Pub(ブルーパブ)の方が似合うのは、やはりインターナショナルな街ベルリンならではかな。

元々、ベルリンは小規模な醸造所が多かったですが、近年さらにその数が増えているため、いずれ訪れなかればならない、とずっと思っていた都市です。

2013berlin001_07 2013berlin001_05 2013berlin001_09

店内には小さな醸造設備が置かれています。
そして、ここで醸されているのは定番の3種類(Pils, Dunkel、Weiss)に加えシーズンビールとしてエール系が何種類かラインナップ。
チョイスしたのはIPAとスタウト。
既にここはドイツにあらず。笑

まずはドルトムントからの旅の疲れをここで癒やし、次の店へと向かいます。

なお、Hops & Barleyについては、こちらを参照してください

次回へ続く>>



カテゴリー: Bierreise2013 パーマリンク

2 Responses to ベルリンでIPA?==ドイツビール紀行2013(その7)==

  1. ピンバック: 醸造所併設レストランでガッツリ==ドイツビール紀行2013(その8)== | ビール文化研究所 / Das Bierkultur Institut

  2. ピンバック: いざ、ベルリンへ〜ドイツビール紀行2013(その6)〜 | ビール文化研究所 / Das Bierkultur Institut

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください