大学街と老舗醸造所==ドイツビール紀行2018(その5)==

<<前回の続き

洞窟巡りの後は、普通のビアビストとして醸造所巡り。
まずはケラーから直ぐの所にあるSteinbach Bräuへ行ってみた。
1653年創業の老舗醸造所で、大きな木が目印。
しかし、何と17時からの開店で入れないではないか。
この日は土曜日だったので、ちょっと早めに始まるのかと想定していたが、残念ながらハズレ。
写真左:醸造所全景。大きな木とビール樽。
写真右:Fiat500に載せたビア樽。

仕方がないので、しばしErlangen市内を散歩して次の醸造所を目指す。
Erlangenは1000年ほどの歴史を持つ町で、中心にある大きな公園と、点在する大学校舎が町を形成している。
大きな環状道路がある訳でもないので、鉄道駅と市街地が近く、1日あれば歩いて回れるコンパクトな町だ。
写真左:Schloss Gartenには植物園も併設
写真右:のんびりとした昼下がりのストリート

続いてやって来たのは、1712年創業のKitzmann Bräu。
フランケン全域に出荷されているので、このエリアにおいては比較的大きな醸造所の部類である。
しかし佇まいは地方都市のガストホフのまま。
通りに面したビアガーデンには人で溢れ、フランケン方言が飛び交う素晴らしい環境。

日光を浴びつつWeiss Bier。
ゆっくりと飲んでバンベルクへと戻る。

次回へと続く>>

 

カテゴリー: Bierreise2018 パーマリンク

1 Response to 大学街と老舗醸造所==ドイツビール紀行2018(その5)==

  1. ピンバック: 村はずれのケラー==ドイツビール紀行2018(その6)== | ビール文化研究所 / Das Bierkultur Institut

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください