マルクトハレの喧騒で愉しむビール==ドイツビール紀行2014(その22)==

>>前回の続き

活気溢れる古市場

続いて、Uバーンに乗ってGoelitzer Bahnhofへ向かう。
昼間は路上に展開される市場を訪れたが、夜は屋内の市場を訪問。
この市場の名は「Markthalle Neun(マルクトハレ ノイン)」。直訳すれば「第9市場ホール」かな。
かなり大きな建物で、その名の通り市場となっている。

2014_006_berlin_80

駅からの道すがら、段々と人が増えてきた。
そして酔っ払いも増えてきた。笑
目的地であるマルクトハレに着く頃には、もの凄い人だかりでビックリ。

建物自体は1891年の建築でこの時期、ベルリンに建てられた14の市場の一つで高い天井が特徴。
もともとの市場の機能は、現在においてはスーパーマーケットに取って代わられているが、ここはエコにこだわった食品や衣類、小物類を売る市場として2011年に再整備されている。
金、土のみの営業と割り切っているスタイルがナイス。

2014_006_berlin_792014_006_berlin_77

さて僕とベルリン支部S君は、特にエコにこだわっている訳ではないが、ここに来たのはもちろん目的があったから。それはもちろんビール!

この市場内にはパン屋、デリカエッセン、タパス屋などが並び、その辺のベンチに腰掛けて、またはスタンディングで楽しむことができるのだが、そんな時に飲みたいのはやはりビール!ということで、ブルワリーがあるのだ。

2014_006_berlin_73

HEIDEN PETERSがそれ。
マルクトハレの奥まったところにあるため、人の動線が悪く店の前が混雑している。
なんとか並んでビールを購入し、通路で乾杯!

2014_006_berlin_752014_006_berlin_76

外に出たら、出店がずらりと並んで、これまた凄い人。
Uバーンに乗ってもう一軒行こうと思ったら、飲む場所無しの醸造所だったので、そのままベルリン支部へ戻って家飲み。

長い1日が終わった。

2014_006_berlin_81 2014_006_berlin_83

次回へ続く>>




カテゴリー: Bierreise2014 パーマリンク

マルクトハレの喧騒で愉しむビール==ドイツビール紀行2014(その22)== への2件のフィードバック

  1. ピンバック: シアターと醸造所==ドイツビール紀行2014(その21)== | ビール文化研究所 / Das Bierkultur Institut

  2. ピンバック: ベルリンの街はずれ。朝のテラスでペールエール。==ドイツビール紀行2014(その23)== | ビール文化研究所 / Das Bierkultur Institut

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です