Tücher / Nürnberg

ニュルンベルクを代表する大手醸造所。
ドイツ中で飲むことができ、世界中にも輸出されており、フランケン地方のビールを我々に楽しませてくれている。

起源は1643年頃からヴァイスビアを作っていた公営醸造所。
これはニュルンベルク中心部にある救済院(病院兼老人ホームの様なもの)Heilig-Geist-Spital 内にあった。

これが本格化し1672年に醸造所として移転、正式に創業した。
1806年にニュルンベルクがバイエルン王国傘下に入った事で、この醸造所は王立醸造所とされている。
その後、1855年にTucher家に売却されたことで、現在のブランドになった。

生産量が多いので、郊外に大きな醸造所を構えているのだが、フランケン地方の醸造所らしく元々の醸造所やケラーを引き続き保有して、昔ながらのビール文化を今に伝えている。

このAltes SudhausはもともとBrauhaus Nürnberの建物。
1966年に合併した際にTucherがこちらへ移って来た。

なお、市内には系列店がいくつもあり、それらを巡るのも楽しい。

■Information■
Tucher Altes Sudhaus
Am Alten Sudhaus 4,
90409 Nürnberg

<公式WEB>

最終訪問 2002年頃

カテゴリー: Nürnberg パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください