Brauerei Leicht / Pferdsfeld (Ebensfeld)

pferdsdorf_leicht
バンベルク北側のエリアはフランケン地方の中でも一番山がちな「Fraenkisch Schweiz(フランケンのスイス)」と呼ばれているエリアの端に位置する。
(もっとも、山がちと言っても日本人からすると丘レベルなのだが)

その山の麓の小さな村Pferdsfeldにある醸造所がBrauerei Leicht。
1870年より現在のオーナー家が経営している店で、醸造所に宿屋が併設された典型的なBrauerei Gasthofである。
集落のほぼ真ん中にある教会の正面という典型的な立地条件。

pferdsfd_leicht

夕方で少し涼しくなってきたが、中庭がビアガーデンとなっていたのでそこに座る。
ビールはデュンケルを注文。
他にもヘレス、ヴァイスのラインナップされていた。
基本的にはこの店のみで販売される「究極の地ビール」である。

隣のテーブルで寛いでいたのは近くの集落に住む人達。
オジサン達はKrug(クリューク)と呼ばれる陶器のジョッキでビールを飲む姿が実に様になっている。
また、こうして連れ立って夕方のひと時を地元のビアガーデンで過ごすなんて、素晴らしいビール文化だ。

pferdsfd_leicht_bier01pferdsfd_gast

ビアガーデンではさくっと食事ができるように「Brotzeit(ブロートツァイト)」と呼ばれるメニューが人気。
基本的に調理不要で切って盛るだけの料理だが、今回はWienner Wuerst(ウインナー・ソーセージ)を注文。
保温ケースに入れてあるソーセージを皿の上に出して、マスタードを添えるのみの工程。

もう一つはSauer Zipfel(ザウアー・ツィップフェル)と呼ばれる茹でソーセージ。
ニュルンベルガーを茹で、タマネギを載せた上から酢+ビネガーのソースを掛けたもの。
サッパリした味わいで、脂っこい料理が多いビアライゼの途中に、良いアクセントを与えてくれる。
これもそれぞれを載せるだけのブロートツァイト。

写真左:Wienner Wuerst
写真右:Sauer Zipfel

pferdsfd_wienapferdsfd_leicht_wuerst

■Information■
Brauerei Leicht
Pferdsfeld 22
96250 Ebensfeld

<最終訪問 2007年8月>

Pferdsdorfはこんな街

バンベルク北部に位置するLichtenstein郡大字Ebensfeldに属する人口150人ほどの小さな集落。
幹線から外れているため、クネクネとした小道が通るだけの味わいある小集落。
Bad Staffelsteinへの温泉保養客やVierzhenheiligenへの巡礼者など、近くには観光スポットもある。




カテゴリー: kreis Lichtenfels パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください