Gänstaller Bräu / Schnaid

バンベルク郊外の小さな集落にありながら、世界的有名になりつつある醸造所。
日本にはKOBATSUトレーディングさんが輸入している。
創業は2011年と新しいが、もともとはBrauerei Friedelという1461年創業の老舗醸造所があり、それが移転したことで空いた醸造所に「入居」して創業。

ドイツではこのパターンの創業は多い。
名前を継承する場合もあるし、また新しい名前で起業する場合もある。
Gänstallerは後者のパターン。

写真左:建物全景 旧醸造所の名前が書かれている。右の建物が醸造所。
写真右:ドアに小さく掲げられたGänstallerの看板。

基本的にレストラン・パブは無いので、フラリと行くのは不可。
たまたまブラウマイスターのアンドレアスさんと僕の友人が友達だったので、何日か前に電話をしてアポ取り。
(実は彼を通じて僕とアンドレアスさんは過去2回お会いしている)

写真左:標準的なフランケン地方の小規模な醸造所
写真右:屋根裏には麦汁を冷やすクールシップが鎮座

醸造所の建物は地下も深い。
ヒンヤリとした貯蔵庫にはタンクが並ぶ。

見学後の試飲タイムはマイスター自らの説明を聞きながら。
新しいスタイルのビールが注目されているが、やはり長年伝統的なビール造りをしてきた方なので、麦芽やホップ、様々な製法の知識が半端ない。

日本にはKOBATSU TRADINGさんが冷蔵コンテナで輸入。
現地の美味しさそのままに日本で楽しめるという贅沢。

■Information■
Gänstaller Bräu
Schnaid 10
91352 Hallerndorf

(醸造所には直営ガストホフなどはありません)
バンベルク市内なら以下の店で飲むことが可能。
Eckers Wirsthaus

<最終訪問 2016年10月>




カテゴリー: kreis Bamberg パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です