Brouwerij de Werf / Enkhuizen (Netherlands)

オランダの国土は干拓によって生まれた。
北海を遮る大堤防、さらにその中に小堤防が存在し、水を抑えて標高マイナス域を作り出している。
Enkhuisen(エンクフイゼン)はその小堤防の脇にある小都市。漁村というよりはレジャーボートが並ぶ、なかなか優雅な港町だ。
その港の一角にあるのがブルワリーパブが「Brouwerij de Werf」。

なかなかの規模で、ガラスに覆われた日当たりの良い室内と、小さなヨットハーバーに面したビアガーデンがある。

ビールはBlond、Tripelと言ったベルジャン系がメインだが、IPAやAmber Aleなどの英国系、Pils、Weiss、Bockなどのチェコ・ドイツ系と多種多彩なラインナップ。
訪問した日は、まずPilsとPale Ale。

オランダらしくビターバレン(Bitter Ballen/ミニコロッケ)、チキンウイング、チーズフライの盛り合わせをつまみながらビールを楽しむ。
その他、ハンバーガーやフィッシュ&チップスなどのパブ飯も充実。

写真左:Pale AleとPilsner
写真右:おつまみセット

写真左:ハンバーガー
写真右:フィッシュ&チップス

写真左:Amber Ale
写真右:ウイスキー樽に寝かせたBarrel Beer

■Information■
Brouwerij de Werf
Paktuinen 6,
1601 GD Enkhuizen

公式WEB

カテゴリー: Netherlands タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください