Bravo Brewing / Guangzhou(広州)

おおよそ、ある国の大使館や領事館があるエリアには、外国人が多い。
広州においてもそれは同じで、地鉄3号線と5号線が交差する珠江新城駅付近にあるアメリカ総領事館の周りには、やはり米国人を中心とした賑わいがある。

华就路の一角にはパブが何軒か並んでおり、そこだけ完全に外国と化している感じ。
そのうちの一軒がここBravo Brewingである。
写真下:店舗全景、ビル一階のテナント。

店内の配置としては店の奥にタップがずらりと並んだカウンター、そして左側に醸造設備が置かれている。
中央には背の高いテーブルと低めのテーブルが並ぶ。特に低めのテーブルは2人用であるため、移動させながらあれこれとレイアウトできるようになっている。
土曜日の夜に訪問した際には、外のテラス席も含めてほぼ満席状態。
客の70%が外国人とみられる構成。

写真左:店内の様子
写真右:自社ビール以外にも全30種類くらいのタップが並ぶ

ビールはラガー系からエール系まで一通りのラインナップ。
特にIPAに力が入っているらしく、「Pride of 020 IPA」「単花IPA」など複数を醸造。
ラガーについてはHellesがラインナップ。バイエルン州を主な活動フィールドにしている僕にとっては嬉しい限り。

アメリカ領事館近くにあるだけあって、食事はアメリカン。
ガッツリ系のハンバーガーを皆が頬張っている感じ。

写真左:フライドポテトにトッピング
写真右:ハンバーガーを注文したら、フライドポテトが付いてた・・・

 

■Information■
Bravo Brewing
広州市珠江新城华就路114-115
保利公馆·108

地鉄3号線珠江新城B1出口から徒歩5分程度。
地鉄5号線五羊邨B出口からも行けるが、大きな通りを渡る必要あり。

 

地図MAP

カテゴリー: 中国の地方都市 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です