Gröninger Privatbrauerei / Hamburg

hh_groeninger_dk

港町ハンブルクを代表するのは世界中に輸出されている「Holsten」というビールだが、大きな街だけあって小さな醸造所も何軒かある。
ここGröninger Privatbrauereiは港の近くにある小さな醸造所だ。

Gröningerはかなり古い建物を使っている。
建造年は定かではないが、13世紀頃からこの地でガストホフとして存在。(ただし何度か建て替えがあったかと思われる)
醸造所としては営業をしたのは、18世紀終わり頃から。
1983年頃に一度中断されていたが、店内改装を経て復活。現在に至る。

ham_groninger008

この店の「売り」は、地下室(Keller・ケラー)だ。
白亜の建物の左にあるのが、地下への入口である。

ここには醸造設備が並んでいる。かつては醸造所と貯蔵庫だったかと思うが、現在ではこの奥にかなりの数のテーブルと椅子が並び、地下のビアホールと化している。
ビアホールはず〜と奥まで続く。ず〜と。

写真左:に面した入口。
写真右:ケラーに並ぶ醸造設備。

ham_groninger006ham_groninger004

ビールは二種類。Pils(ピルス)とWeizen(ヴァイツェン)。

ヴァイツェンはWeissbier(ヴァイスビア)と呼ばずにヴァイツェンと呼ぶあたりが何とも北ドイツらしい。
ちなみにヴァイツェンは0.5Lしか価格設定が無い。という事は、これは樽から注がれるのではなく、瓶売りのみと言う事になる。

写真左:Weizen。
写真右:Pils(写りの関係でなんとなく赤褐色だが、現実はもっと黄色っぽい)

ham_groninger009ham_groninger011

さて、ここは一応メニューも多くあるが、一人で気軽に食べるにはセルフサービスのカフェテリア方式がオススメ。

ここで女性定員に何を欲しいかと告げて皿に盛ってもらい、最後に精算。価格は量り売りとなる。
ちょっと語学力がいるかと思うが、指で差して欲しい顔をすれば何とかなるはず。

写真左:ガラス越しにいろいろ並んでいるので、それを指定する。
写真右:見た目はあまり気にしない国民性か、雑に盛られて出てきた。笑

ham_groeninger005ham_groninger003

なお、このケラーをずーっと進むと運河沿いの通りに出る。
ここにも窓越しに醸造設備が見える。

ham_groninger002

■Information■
Gröninger Privatbrauerei
Willy-Brandt-Str. 47
20457 Hamburg

月〜金 11時〜
土、祝日 17時〜
日 15時〜

中央駅から直線距離で500mくらい。
周辺にUバーンの駅もあるが、微妙な距離・・・。

公式WEB

<最終訪問 2010年8月>

hamburghamburgmap002




カテゴリー: Hamburg パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です