Dortmunder Actien Brauerei / Dortmund

do_dab_deck03

ドルトムントにある巨大な醸造所。その起源は1868年創業のBierbrauerei Herberz & Co.で1873年にDortmunder Actien-Brauerei(DAB)と改名している。
この当時は、ドルトムント市内の醸造所は競って輸出始めた頃で、DABもそこに参入して事業規模が拡大していった。
なお、この頃すでに日本への輸出も開催されている。横浜在住のドイツ人が飲んでいたのだろう。
そしてさらなる飛躍のため1893年に酵母等の研究所を開設。

その後、1971年にDortmunder Hansaを、1996年にDortmunder Kronenをそれぞれ吸収し、DABはドルトムント市内の醸造所統廃合のシンボル的な存在になった。

しばらくはDABとDortmunder Union Brauerei (DUB)の2大体制になったものの、最終的には2006年に両社が合併してしまった。
(ちなみにRadeberger Groupの傘下)

写真左:醸造所全景
写真右:そびえるタンク類

2013dortmund003_042013dortmund003_02

なお、ドルトムントの合併の歴史などは、この醸造所近くにあるBrauerei Museum Dortmundで見ることができる。(→研究所内の詳細リンク

写真左:DABの壁に掲げられる、かつてはDUBの象徴だったBrinkhof’s Nr.1の広告。

2013dortmund003_03do_museum00
たまたま見ていた、スペイン・マヨルカ島をテーマにしたドイツの旅番組では、
「マヨルカはドイツ語が通じてDABが飲める!」
と、ドイツ人がたくさん旅行していることを、DABで表現していた。

しかし、このビールは世界への輸出がメインなので、実はあまり市内では見かけない。
なんとか見つけた一軒で、撮った一杯のビール。

2013dortmund0221do_museum004

■Information■
Dortmunder Actien-Brauerei GmbH
Steigerstrasse 20,
44145 Dortmund

公式WEB

 




カテゴリー: Dortmund タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です