Brauerei Gasthof “Zur Goldenen Ganz” / Augsburg

【残念ながら閉業した模様】

創業年は不明だが、1346年の時点で既に税務台帳に記載されているというアウグスブルグでも最古の醸造所。
以前は市庁舎近くにあったが、1928年に現在のWeite Gasseに移転。
当初、醸造を止める夏季には場内が片付けられ、ビアホールとして利用していたという。食事の提供はなかった為、ビールをのみを販売し、各自が持ち寄る形態であったが、後にレストラン部門も作られてブルワリー・レストランとなった。

写真左:全景。大きな煙突が醸造所の象徴
写真右:オリジナルのビールだが訪問時は既に委託生産に切り替わっていた

21世紀に入ると醸造所部門は閉鎖され、レストランのみ存在していた。
訪問時は地元野菜と中心とした料理を専門としていた。
残念ながら2010年に閉店した模様。

■Information■
Brauerei Gasthof “Zur Goldenen Ganz”
Weite Gasse 11
86150 Augsburg

最終訪問 2008年8月

カテゴリー: Augsburg パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください