Wispe Brouwerij / Weesp (Netherlands)

Weespはアムステルダムの南東にある小さな街。
フェヒト川沿いにある街なのだが、ここはかつての星形要塞都市(稜堡式城郭ともいう)であり、今日でも完全ではないものの部分的にその様相が伺える。
オランダには川沿いにこうした要塞都市が点在しており、中世より国の防衛ラインを確保していた。

川の中州の様に残る城郭の一部にはオッセンマルクト砦(Fort Ossenmarkt)があり、石造りの砲台が残る。

写真左:オッセンマルクト砦に渡る橋
写真右:橋が上がるとこんな感じ

この街にあるブルワリーがWispe Brouwerij。
街の名前はWeespだが、ブルワリーの名前はWispeというのがややこしい。
この店、実は1枚目の写真に写る教会がブルワリーに改装されている。
店員に聞くと、教会自体は20世紀初頭に建造されたものだが、ブルワリーとしては2009年に醸造を始めた、ということだ。
この様に都市部の教会の再利用が結構多く、オランダあちこちで本屋やレストランに改装された教会を見かける。
素朴な疑問としては、「教会の機能は何処へ??」だが、それは後々調査をする。
写真左:教会の全景
写真右:コロナ禍なので、間隔を空けてテラス営業

店内はこんな感じ。
醸造設備が立体的に置かれている。
ここもやはり間隔を空けてテーブルが配置されている。
(基本的にはテラス席に座る)

■Information■
Wispe Brouwerij
Herengracht 16,
1382 AE Weesp

公式WEB

最終訪問 2020年6月

カテゴリー: Netherlands パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください