Brauerei Wernsdörfer / Schönbrunn im Steigerwald

shoenbrunn_wernsdoerfer

Schönbrunnは、フランケン地方の中でもStiegerwwaldと呼ばれる山がちなエリアにある人口900人ほどの集落。
ここに1853年創業のBrauerei Wernsdörfer がある。
車が通るメインストリートから、細い路地を入っていくのだが、ここもまた「醸造所と教会は近い」というセオリー通りの立地だ。
石畳を歩いて行くと、大きなトラクターが置かれた農家の向こうに、パラソルとテーブルが置かれた小さなビアガーデンを構えた醸造所が見えた。
目の前には教会があり、また道はその奥の墓地まで続いている。
入り口がよくわからず、ガーデンから中を覗いたら、常連らしきオジさんがドアを開けてくれた。

schoen_wernsdf_bgh03schoen_wernsdf_bgh01

この醸造所で造られているビールは、Vollbier一種類のみ。
曖昧なビールの名称ナンバーワンのVollbier・・・・、この醸造所ではちょっと褐色がデュンケルが出てきた。
他にもバンベルク市内の醸造所のビールが何種類か繋がれており、ラインナップを補完している。
このビールを毎日楽しんでいるのは、もちろん地元のオジさん達。
常連席で、グビグビと飲んでいる。

schoen_wernsdf_b002
「まぁこっちに座って飲めよ」
先ほどドアを開けてくれたオジさんが誘ってくれたので、常連席にお邪魔した。

オジさんが手にしているジョッキには、大きく「バイエルン・ミュンヘン」のエンブレムが描かれている。
よく見ると、棚にずらりと並んだ多くのジョッキにも描かれているではないか。

聞けば、この店はこの集落の「バイエルン・ファンクラブ」の事務局(?)の様な存在で、テレビ中継のある日はみんなで応援。
同じフランケン地方でプロチームがあるニュルンベルクや、時にはミュンヘンまでバスツアーを企画してみんなで行くこともあると言う。
冠婚葬祭だけではなく、集落の人が集まる醸造所はまさに「地域の中心」である。

「そうか、オマエさんもサッカーが好きか!まぁ、乾杯!!」
オジサンは美味しそうにビールを飲み干し、お代わり!

「で、君もバイエルンのファンなんだね??」

「え〜、それがですね・・・」

と言いながら、我が愛するボルシア・ドルトムントのキーホルダーをチラリ。

その瞬間、
「Oh! Mein Gott!!(オー!マイン・ゴット)」
「それを知っていれば、さっきドアを開けなかったよ!!」
(もちろん冗談)

schoen_wernsdf_gastschoen_wernsdf_bgh04

■Information■
Brauerei Wernsdörfer
Obere Bachgasse 5
96185 Schönbrunn im Steigerwald

営業時間
月、木、金、土、日 9:30〜
水 17時〜
火曜定休

公式WEB

<最終訪問 2007年8月>

Schönbrunnはこんな街

バンベルク郡の大字Brugebrachに属する人口900人ほどの集落。
正式には「im Steigerwald」と場所をつけて表記。
Steigerwald とはバンベルク西側に広がる森のこと。このエリアはこれまた独特な地域愛を持った人が多く、「我らはFränkisch(フランケン人)ではなく、Steigerwalder(シュタイガーワルター人)」だ、と胸を張る。
彼らが誇るように、そこは美しい村々が続き、それぞれの集落には醸造所が点在している。

交通の便は悪く、一応路線バスはあるものの1日数本しかなく使えないに等しい。




カテゴリー: kreis Bamberg タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください